ダッジ チャージャー シフトレバーユニットの交換

こんにちは! オートブティックマルヰのメカニックです。

今回はいつもお世話になっておりますお客様から
ダッジチャージャーのシフトレバーが全く動かなくなったとの事で
修理のご依頼を頂きました。

下の写真がシフトレバーユニットになります。
無題3

中を見てみると
無題4

ピンク色の元々着いていたシフターロックのバネを引っ掛ける箇所が破損していました。
無題5

白色の対策品の新しいシフターロックに変更させて頂きました。
しっかりかかっています。
無題6

今回の修理は自分が初めてさせて頂く修理でしたので、お客様にご迷惑をおかけした点もございましたが、
手探りの中、きちんと修理させて頂く事ができました。
ありがとうございました。

これからもオートブティックマルヰを宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

 メルセデスベンツCクラスW203 ブローバイホースの交換 

こんにちは! オートブティックマルヰのメカニックです。


今回頂きましたご依頼は、ブローバイホースの交換です!


ブローバイホースの交換は、エアクリーナーBOXやスーパーチャージャー
インテークマニホールドを外さないと交換できないホースです。

ホース自体はそんなに高い物ではないんですが、作業自体が結構大変です。 
W203の定番トラブルなんですけどね。

写真で順をおって、作業工程をご紹介しようと思います。

まずは最初にエアクリーナーBOXを外します。

IMG_0853.jpg

次にインテークマニホールドを外します。

IMG_0854.jpg

次はスーパーチャージャーを外します。

IMG_0855.jpg

やっとホースが見えてきました!

IMG_0856.jpg
IMG_0857.jpg

こんな感じです。

IMG_0858.jpg

ブローバイホースはエンジン内部で高熱で気化されたオイルや燃焼室の爆発ガスを空気を

オイルに分離してエンジン内部に戻す という役割の装置セパレーター(ヘッドカバーの上部についている )

とエンジンをつないでいるホースです。

これが劣化でボロボロになると余計なエアを吸い込んでエンジン不調の原因になります。


皆様の快適なカーライフの為に定期的な車両点検をオススメします。


これからもメカニックとして皆様のお役にたてる様頑張って行きたいと思います。


 メルセデスベンツ Gクラス 修理

こんにちは! オートブティクマルヰのメカニックです。

今回はオイル漏れの修理依頼を頂きました。

IMG_0656.jpg

今回ご依頼頂きました、修理内容はタペットカバーからオイル漏れしていましたので
パッキンの交換をしました。

IMG_0654.jpg
IMG_0655.jpg
オイルが漏れて滲んでますね~。

IMG_0653.jpg
IMG_0652.jpg
タペットカバーきれいにして、劣化したパッキンを取り除きました。


IMG_0651.jpg
IMG_0650.jpg
パッキンを新しい物に変えて、綺麗に仕上がりました。


タペットカバーのオイル漏れを放置しておくと、エンジンブローする可能性もありますので、
みなさんも定期的なメンテナンスをオススメします。

 メルセデスベンツ Cクラス W202

W202の修理をUPします
W202.jpg


長年お車を乗っていると、色々な部分の修理が必要になってきます
今回は給油口のタンクから燃料漏れが発生していました
燃料1
燃料2

これを新しいタンクとホースに付け替えました
燃料3

マルイでは自社でこのような修理も可能ですので、購入後のサポートも万全です!

 BMW X6 意外な場所に・・・

前回12ヶ月点検でX6をお預かりたし時に
お客様より、エンジンから異音がするとお話がありましたので
エンジンルームを調べることにしました


X6修理


調べてもどこにも異常がなく・・・ただエンジンをかけると確かに異音というか
振動の音が激しいような・・・。

ふとウェザーストリップを見ると、アレ?なんかおかしい!
取り外してみると、片方に付いてるはずの一部分がない!
X6部品2
X6部品

これが異音の原因だったのです!
ウェザーストリップを新品に交換すると異音が無くなりました

無事に解消できてよかったです!

 レンジローバー ヴォーグ 修理

こんにちわ、お馴染みのメカニックです!
レンジローバー ヴォーグの水漏れ修理をお預かりしましたので、ご紹介いたします

大きい車体ですね~!
ボーグ


水漏れの原因は、サーモスタッドがどうやら空気を通す穴を閉めきってしまい
圧力が高くなってホースに負荷が掛かってしまい、ホースから水漏れが発生した模様です

それでは、サーモスタッドを交換します!
サーモスタット


次はヒーターホースの交換をします!
交換前はこのように劣化が激しかったです
ヒーターホース2


交換後、キレイになりましたね!
ヒータホース

水漏れは放置しておくと、オーバーヒートの原因になり
エンジンに負担が掛かってしまいます
早い段階でマルヰまで相談して頂き良かったです!


修理の事でも是非、オートブティックマルヰに相談してくださいね!

 クラッシックベンツ 修理

こんにちは!オートブティックマルヰのメカニックです!

マルヰは修理も力を入れており、万が一、買った後に故障やトラブルがあっても
迅速に対応できるよう、毎日奮闘しております

せっかくプレミアムなお車を買っていただいて、修理できないなんて
お客様にとっては満足いくものではありませんよね
そのような事のないよう、メカニックが頑張っています!


今回はクラッシックベンツSLの修理を少し紹介いたします

クラッシク修理2

こちらのお車は乗り心地がフワフワしていましたので
ショックアブソーバーを前後新品に交換いたしました!

取り外したショックアブソーバーは下の画像です
クラッシク修理4

そして交換後
クラッシク修理3

リアの交換が少し苦労しました
なぜなら、ハードトップを外し、さらに内張りを外した見えにくい場所に!
これはメカニック泣かせの構造だ・・・。
クラッシク修理5クラッシク修理6


交換した後の乗り心地は、シャキっとしており
しっかりと衝撃を吸収してくれています!


このように弊社では、修理も喜んで承りますので
お持ちのお車で「車の調子がおかしいな?」と思ったら
是非、オートブティックマルヰまでご連絡ください!


 

最近新規のお客様から修理についてのお問い合わせをよく頂きます。

一つ目は、メルセデスベンツのCLS500のお客様です。
車上荒らしにあわれまして、修理業者をさがしていらっしゃったようです。インターネットからのお問い合わせで、弊社ですぐ対応させていただきました。

二つ目は、これまたメルセデスですが、W203 C200の車両でして、インターネットからのお問い合わせです。
車検の対応と、エンジンの調整をオーダーいただきました。

弊社はメルセデスベンツはもっとも得意な分野です。型式、年式関係なく、今までの豊富な経験を活かし、お客様に満足いただけるサービスを提供しています。本人様にしかわからない違和感などもアドバイスさせていただけるかと思いますので、お気軽にお声をかけてください!よろしくお願いします。
rrrrrr.jpg
| ホーム |

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

プロフィール

マルヰグループ

Author:マルヰグループ
オートブティックマルヰ
〒461-0037
愛知県名古屋市東区百人町72番地
TEL:052-931-1101
FAX:052-931-6616



最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

Calendar

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
07« 2018/08 »09
PageTop▲